オンラインショップ

魚喜の食品衛生管理

「お客様に高品質の商品・サービスと
安全・安心をお届けします。」という
理念に基づき、食品衛生管理体制の
強化に努めています。

全国50店舗の食品衛生を管理しています。
全国の魚喜の鮮魚店、飲食店を1店舗あたり数時間かけて、食品衛生管理状況の
確認を行います。50以上のチェック項目からお客様の安全・安心を守ります。
01 食品衛生は身だしなみ、手洗いから。
ハンドソープ、つめブラシで入念に手指を洗い、
ペーパータオルで水を拭き取ったのち
アルコールで消毒します。
開閉扉上部に捕虫灯
ドアの開閉部の上に捕虫灯を設置し、
外部から侵入した虫を捕捉します。

清潔なフィルター
エアコンフィルターも清潔で、
ホコリなどが落下するおそれがないか
チェックしています。
食の安全・安心の確保
食の安全・安心の確保には、食中毒等の事故防止はもとより、異物(食品中に
あるべきで
ないもの・あるはずがないもの)混入防止、適正な表示の確保を
主要な三本柱として対応し、
お客様目線での衛生感覚をもって
管理することを基本としています。
02 事故防止、異物混入防止、適正表示。
包丁の欠け、包丁の衛生管理、まな板の洗浄確認、冷蔵庫・冷凍庫の温度確認、
各什器ドアのパッキンの汚れ、商品保存温度、保存期間の確認、拭き取り検査、
食品検査の実施などを適宜行います。
魚喜独自の食品衛生基準
HACCPの順守はもちろん、魚喜独自の
食品衛生チェックに基づき厳しく確認します。
03 商品表示の確認及び指導。
商品の陳列方法の適否や商品表示など店頭の全商品を確認しています。
また店頭の冷蔵庫や冷凍庫の温度の確認も怠りません。
商品表示について、魚喜ではアレルゲンとして指定されている
28品目すべてを表示しています。
数時間の目視確認後、食品衛生管理レポートを作成し、当日中に現場へフィードバックを
行います。
目視での表示確認
店頭で販売されている商品のアレルゲンや
添加物表示に不備はないかなど
厳しくチェックします。